個人でできる?土地の名義変更

土地の名義変更は個人でも可能です。

(とはいえ、私は不動産名義変更手続センターに頼りましたが。)

具体的には、法務局に申立書と原因の証左を持って登記します。

原因とは、売買、贈与、相続、遺贈の事で、それぞれのケースでその原因の証左が必要になります。

証左とは、売買の場合は、売買契約書、旧所有者の売買代金受領書、贈与の場合は、贈与者、非贈与者の贈与契約書、相続の場合は、被相続人の戸籍謄本、法定相続人の戸籍謄本、家系図、遺産分割協議書、イゼ王の場合は、葛西電員を受けた遺言書、あるいは交渉証書遺言書です。

また、旧所有者と新所有者の戸籍謄本、住民票、印鑑証明も必須です。

所有者が複数いればそれぞれの文を用意する必要があります。

次に、登録免許税の価格を決定し、各原因に基づく原因別料率をかけた登録免許税相当の印紙を購入し、法務局窓口で申立書と上記書類と一緒に提出します。

登録済み印を貰ったら終了です。

権利関係が複雑な土地の場合は個人で名義変更をするのは大変かもしれませんが、個人住宅程度であれば、十分個人で行うことは可能なはずです。