売買による土地の名義変更

土地の名義変更が必要になるケースはイロイロとありますが、最も一般的なのは土地売買による名義変更だと思います。

土地の所有権を売主から買主に移転するのが土地売買です。

代金を支払い契約をしただけでは土地の権利を主張できません。

法務局に名義変更の登記申請をする必要があります。

基本的に土地などの不動産の売買では、お金のやりとりと契約だけでは、権利は移行しても、第三者に対してその土地の権利を主張することができません。

それゆえ、その土地を今後売買する際や、担保に設定する際、手続きにイロイロと不具合が発生してきます。

第三者に土地所有の権利を主張できて初めて、売買や担保設定が出来るようになるのです。

そのためには、売買契約をした後に、必ず土地の名義変更もしておくべきなのです。

売買による土地名義変更に必要な書類は、売主の場合、登記識別情報通知と印鑑証明、買主の場合、住民用になります。

また、固定資産評価証明と売買契約書も別途必要になります。

Comments are closed.