贈与による土地の名義変更

生前に土地を贈与する場合にも土地の名義変更は必要です。

生前贈与とは、財産の所有者が生きている時に、自分の財産を相続人に譲ることを言います。

土地や家、マンションなどを生前贈与する場合には、登記簿上も名義変更をしなければいけません。

名義変更をしておかないと、その土地を所有する権利を第三者に主張できなくなります。

そのため、その土地を売買したり担保設定したりができなくなります。

第三者に権利を主張する際には、土地の名義変更がなされていることが必要になりますので注意しましょう。

贈与による土地の名義変更に必要になる書類は、贈与者は、登記識別情報通知、印鑑証明、受贈者は、住民票、祖霊ギアに固定資産評価証明と贈与契約書、贈与証書が必要になります。

贈与は当事者間の合意があれば権利自体は移転するため、決して登記が義務づけされているわけではありませんが、登記しないとさまざまな不都合が生じる事になるので注意しましょう。

Comments are closed.