相続による土地の名義変更

土地を相続する際にも名義変更は必要になります。

土地だけでなく、家やマンションなどの不動産の所有者が無くなった際、不動産の登記簿上の所有者を相続人に名義変更を行います。

一般的に、相続の際に行う名義変更を「相続登記」と言います。

但し、名義変更は名義人が亡くなっても、すぐに手続きを行わなければいけないという義務はありません。

別段、そのまま放置しておくことも可能なのですが、放置したままだと何かと不具合がおこると思われますので、早め早めに手続きをすることをオススメします。

不動産の名義変更を誰にするかという問題ですが、法定相続分どおりに変更し相続人の共有とする、遺産分割協議の上、特定の相続人の名義とする、遺言書にしたがって指名された相続人の名義とする、以上の3パターンが一般的です。

土地を相続した際の名義変更には、その他のケースの名義変更手続きに比べて、必要となる書類が沢山あるのでそちらも注意しましょう。

Comments are closed.